[PR]川越氷川祭 宿便、薬が効かない時の出し方について | コロコロ便秘解消道場

宿便、薬が効かない時の出し方について

宿便だと思うほどの、頑固な便秘のために様々な便秘薬、整腸剤、そしてとうとう下剤まで、使ってみてもなお、すっきりと排便ができない。残便感が残ってしまう。

 

お腹が張ってつらくなり、下剤を長期連用している。

根本的に治したいと思っている。

これをチャンスにして、腸内環境を整える方法を手に入れて下さいね。

 

今まで使ってきた薬の成分に、アントラキノン系の生薬ダイオウ、センナ、アロエは含まれていませんでしたか?

これを長期連用してしまうと、怖い副作用があるため薬の箱に、「長期連用しないでください」と、注意書きがあったはずです。

 

使い続けると腸の伸縮性がなくなり、蠕動運動が出来なくなってしまいす。

下剤は、便秘を治す薬ではありません。

一時的な排便で、根本的な治療ではないのです。

 

生薬成分は、腸の中で滞留していると、腸壁に草の成分が染みこんで黒褐色に色素沈着するだけでなく、成分の強烈な刺激で腸を麻痺させてしまい、蠕動運動ができなくなる「大腸メラノーシス」になります。

便意さえ、なくなっていませんか。

 

薬では便秘は治りません。便秘を治すのは食を中心とする生活習慣の改善です。

頑固な便秘となると、腸は、既に悪玉菌に占領され、便はコチコチに硬くなってコロコロになり、どんどん水分を失いながら、
腸を流れられずに、そのままコロコロするだけで排便もできません。

便秘がひどくなるだけです

 

食生活が洋食化して野菜不足、便利になり過ぎて運動不足。

スローライフがいいのは、わかっていても、ついつい階段よりエレベーターに乗る癖がついてついてます。

でもいつもの帰り道だけでもスローライフにすると、気分も変わりウォーキングになります。

早足で歩くと、腸が動かされます。

 

家に戻ってトイレタイムを設定するのも、排便習慣につながります。

腸がどんどん老化してしまうような、下剤の使い方をしていると「大腸がん」や「ひどい痔」で、一生涯
苦しみ続けることになります。

想像できますよね。

未来を変えるなら、早い決断が必要です。

 

腸内環境を整えることで、善玉菌を増やすことにつなげましょう。

善玉菌が住みやすくするために、オリゴ糖が必要です、ごちそうがないと働きません。

悪玉菌は悪食で腐りかけの便がごちそうなんです。

 

善玉菌がオリゴ糖を食べると、爆発的に増殖します。

1日しか無い寿命を精一杯活動します。

ただし、甘味料に混ざっている程度のオリゴ糖では、足りません。

 

宿便だと思うほどの頑固な便秘なのですから。

安いものは、便秘とはいえないような人が、なんとなく使うものだと思ってください。

早く出さないと、本当に手遅れになりますよ。

 
>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ