[PR]川越氷川祭 解消法はコレ!コロコロ便の脱出方法について | コロコロ便秘解消道場

解消法はコレ!コロコロ便の脱出方法について

便秘がちな日が続き、やっとの事で便意が来たと思ってトイレに駆け込んだとしても、水分が少なくてまるで「うさぎ」のような便がぽろぽろと出てしまう事が有りますね。

 

このコロコロした便で悩まされる時は、同時にお腹にガスが溜まりやすい状態でお腹が張って苦しくなったり体調が悪くなってしまったりと本当に辛いです。

 

水分が少なくて固くなってしまっている場合が多く、一生懸命イキんだとしてもお腹に不快感や痛み等を感じやすく、酷い時は出口付近に「切れ」等が起きやすい場合が多いです。

 

コロコロ便になってしまう原因は?

コロコロ便が出てしまう状態の腸内環境について

 

● 1日辺りの水分摂取量が少ない

コロコロ便が出てしまう状態の便と言うのは、便自体の水分含量率が圧倒的に少ないと言う共通点が有ります。

 

一般的に健康的な便には水分が8割近く含まれている状態で、コロコロ便は6割近くまで水分含有率が落ちてしまった状態です。

 

逆に、水分含有率が8割以上になると「軟便」、9割以上になると「下痢」と言われる状態です。

 

水分摂取をしてもコロコロ便が解消出来ないのは何故?

一般的なコロコロ便の解消法は「水分を沢山摂る」と言われていますが、様々な解消法等を参考にして、意識して毎日水分を摂っていたとしても思うように改善出来ない場合が有ります。

 

● 偏った食物繊維を摂り過ぎてしまっている

食事による便秘解消法を参考にしたり、健康食品等を摂る場合に多いのが、特定の野菜や食物繊維ばかりを極端に摂り過ぎてしまうと言うパターンです。

 

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類が有り、どちらか一方のみを摂り過ぎてしまうと便秘が悪化してしまいます。

 

食物繊維も「水溶性」「不溶性」のバランスを考えて摂る必要が有り、ある程度摂り方も意識する必要が有ります。

 

・ 水溶性食物繊維が多い食品

「オクラ」「菜の花」「春菊」「なめたけ」「ごぼう」「さつまいも」「人参」「納豆」「かんぴょう」「切り干し大根」

・ 不溶性食物繊維が多い食品

「いんげん豆」「えんどう豆」「ひよこ豆」「小豆」「大豆」「とうもろこし」「きくらげ」「乾燥しいたけ」「乾燥こんぶ」「あした葉」

 

● 下剤や便秘茶等を摂り過ぎてしまっている

下剤を摂り過ぎてしまった場合、腸内細菌は減少し、腸が弛緩(しかん)してしまった状態になります。

 

腸の機能自体が著しく低下してしまっているので、一般的にコロコロ便に有効だと言われている解消法でもなかなか効果を実感する事は難しくなりますし、正常な排便自体が難しい状態なので様々な病気を引き起こしてしまう可能性が高いです。

 

最近は便秘茶や健康茶等にも下剤に近い働きがある成分「センナ」「ゴールデンキャンドル(キャンドルブッシュ」が含まれている事が多く、自覚症状が無いままコロコロ便になってしまうと言う事も少なくありません。

 

コロコロ便を解消する為には?

● 善玉菌を確実に増やす

先ほどでも少し触れさせて頂きましたような食物繊維をバランス良く摂り、乳酸菌等も摂る事はコロコロ便の解消法としてはもはや説明の必要も無いですね。

 

乳酸菌や食物繊維は確かに強力ですが、体質によってはコロコロ便を解消させる為にはある程度以上の時間が必要いなってしまいます。

 

そう言った場合にはオリゴ糖が効果的で、どのような腸内環境の善玉菌にも働きかけてくれるのが特長です。

 

乳酸菌は消化液の働きによって簡単に分解されてしまい、食物繊維はバランス良く摂るのが難しいからです。

 

● 水分摂取はしっかりと

こちらもコロコロ便解消法としては鉄板なのですが、コロコロ便で悩んでいる人は必要な量が摂れていない場合が多いので注意が必要です。

 

当サイトをご覧頂いている方の殆どは日本国内の方だと思います。

日本の水は「軟水」と呼ばれる水なので、出来る事なら「炭酸水」や「硬水」を選ぶようにするとより効果的です。

 

炭酸は腸を少し刺激する働きが有り、硬水には豊富なミネラル等も含まれている事も有り、コロコロ便を解消する働きが期待出来ます。

 

● 酸化マグネシウムでは駄目なの?

酸化マグネシウムを使用した下剤はコロコロ便のような頑固な便秘を改善する場合にも有効的です。

ですが、コロコロ便で悩まない体質を手に入れる事にはなりませんので、健康的とは言えませんね。

 

酸化マグネシウムがコロコロ便秘にどのようにして働きかけるのかについては、「酸化マグネシウムなら安心?コロコロ便秘と水分摂取について」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 
>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ