[PR]川越氷川祭 薬にはどんな物が?コロコロ便秘に処方される薬について | コロコロ便秘解消道場

薬にはどんな物が?コロコロ便秘に処方される薬について

コロコロ便秘で悩む人に処方される薬は大きく2種類に分ける事が出来ます。

「腸を刺激する事によってコロコロ便秘を解消」

「腸に水分を集める事によってコロコロ便秘を解消」

 

これらに共通して言える事は、一過性の下痢を起こす事によって排便を促すと言う事です。

なので、コロコロ便秘の原因はそのままなので、薬が無いと排便する事が出来なくなってしまうようになってしまいます。

その他には、腸液の分泌量を増やす働きの有る薬、コロコロ便を膨らませて柔らかくする働きの有る薬、糖類の便を柔らかくする働きを利用した薬等が有ります。

 

薬を飲むと排便出来なくなる?

腸を刺激して排便を促す状況が続いてしまうと、腸自体に耐性が付き同じ分量の薬では効かなくなってしまいます。

 

コロコロ便秘で悩んでいると言う人の中には、この状態が進行してしまっていると言う人が多く、薬の量を増やさないと出なくなってしまっていたり、トイレに行きたくなると言う意識自体が無くなってしまうと言う人も多いです。

 

この症状に気づかないまま薬の量を増やしてばかりいる人は意外と多く、「下剤性結腸症候群」とよばれる状態に陥ってしまいます。

それに、腸の内側が黒く変色する「大腸メラノーシス(大腸黒皮症)」と言う状態になると言う方も多いです。

 

大腸メラノーシスは大腸の内側が黒くなるだけで健康状態には影響は無いと言われていますが、専門に研究する人が少ないからだとも考えられますね。

 

腸に水分を集める働きが有る物は、確かに腸を刺激して排便を促す物よりは危険性は少ないと言えます。

ですが、薬を飲まないと排便出来ない事には変わりありませんし、カルシウムと結合して結晶化してしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

コロコロ便秘に処方される薬にはどのような物が?

 

腸を刺激するタイプの薬

【アントラキノン】

◯ 「アローゼン」センナの葉や実が主成分

◯ 「プルゼニド」センナの下剤成分のみを抽出

◯ 「アジャスト」センナが主成分

 

【ジフェノール】

◯ 「ラキソベロン」ピコスルファートナトリウム水和物が主成分

 

腸に水分を集めるタイプの薬

【塩類】

◯ 「酸化マグネシウム」 ◯ 「クエン酸マグネシウム」

 

腸液の分泌量を増やすタイプの薬

【クロライドチャネルアクティベーター】

◯ 「アミティーザ」腸管粘膜に働きかける事によって腸液の分泌量を増やす働きが有ります。

 

※クロライドは私達の体内で一番多いイオンで「クロライドイオンチャネル」は細胞膜に含まれているイオンです。

それを「アクティベート(活性化)」させる物と言う意味です。

 

コロコロ便を膨らませたり柔らかくする働きの有る薬

【バルコーゼ】カルメロースナトリウムの働きによってコロコロ便秘に水分を含ませたり柔らかくしたりします。

効果が弱いのでコロコロ便秘に処方される事は稀です。

 

糖類の働きによって排便を促す薬

【モニラック】主に子供や虚弱体質の方

 

また、コロコロ便秘に処方される漢方については「漢方なら安全?コロコロ便秘に処方される主な漢方」を参考にして頂けると幸いです。

 
>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ