[PR]川越氷川祭 漢方なら安全?コロコロ便秘に処方される主な漢方 | コロコロ便秘解消道場

漢方なら安全?コロコロ便秘に処方される主な漢方

コロコロ便秘が気になってどうしようも無い場合は、下剤に頼ったり漢方に頼ったりすると言う方が多いと思います。

一般的に漢方は下剤よりも効き目が穏やかで健康的だと認識されている方も多いですね。

 

漢方だから安心で健康的?

実際に一理有ると思いますが、中には下剤と何ら変わらない位の強力な効き目が有る物も有ります。

まずは「広く浅く」からでも良いので、知っておいて欲しいと言う思いから当記事をまとめました。

コロコロ便秘に処方される漢方について触れて行きますので、参考にして頂けると幸いです。

 

コロコロ便秘に処方される漢方について

 

麻子仁丸

「ましにんがん」と読みます。

コロコロ便秘は水分摂取が少ない事が原因で起こる便秘です。

 

麻子仁丸には水分含有量が少なくて硬くなってしまった便に水分を集める事によってコロコロ便を柔らかくし、排出を促す事が目的の漢方です。

より効率良く排出させる為には、水分摂取を意識して増やす事が大切です。

 

「潤腸湯」

これが一番コロコロ便秘の解消をイメージし易い漢字を使用していますね。

「じゅんちょうとう」と読みます。

 

「潤う」の文字通り、コロコロに固まってしまった便を柔らかくする働らきが期待出来、一般的に市販されているような「下剤」程の強い効果は必要無い位のコロコロ便秘に適した漢方と言えます。

 

体力の低いご高齢者様や虚弱体質や胃や腸の機能自体が低下してしまった人に処方される事が多い漢方です。

 

「大黄甘草湯」

実際には「だいおうかんぞうとう」と読みます。

コロコロ便秘のように頑固な便秘に限定せず、比較的どのような便秘にも処方される事の多い一番ポピュラーな漢方薬だと思います。

 

比較的健康で元気な人に処方される漢方で、虚弱体質や疲れ気味の人は飲まないようにして下さい。

 

「桂枝加芍薬大黄湯」

「けいしゃくやくだいおうとう」と読みます。

「芍(しゃく)」と言う感じがいかにも漢方ですね。

 

こちらは先ほどの「大黄甘草湯」のように健康で元気な人では無く、病気や老化、新陳代謝や体力等が大きく低下してしまった人に対して処方される事が多い漢方です。

 

コロコロ便秘に処方される漢方を飲む時に知っておくべき事

上記の漢方薬はコロコロ便秘だけでは無く、幅広い便秘に処方される漢方です。

これらの漢方には「大黄」「麻子仁」等の比較的強い成分が含まれているので注意が必要です。

 

大黄

タデ科で下剤にも使用される事が有る成分です。

比較的強力な「センノシド」と呼ばれる成分が含まれているのが特徴で、妊娠中や授乳中の使用は避け、使用頻度によっては腸が緩み、正常な便通を行う事が困難になる場合も有ります。

 

麻子仁

アサ科で麻袋や大麻草として有名ですね。

麻子仁はその種皮の名称で、ご高齢者様やお子様、虚弱体質の方やご病気が原因でコロコロ便秘になってしまった方に処方される事が多いです。

 
>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ