[PR]川越氷川祭 実は間違い?コロコロ便秘の解消法について | コロコロ便秘解消道場

実は間違い?コロコロ便秘の解消法について

コロコロ便秘は「水分摂取」が少なすぎる事が原因で起こる便秘と言われていますが、水分摂取や食事をしっかりとしている人でも起きてしまう事が有ります。

 

また、コロコロ便秘は習慣になってしまう事が多く、原因不明のイライラや体調不良、肌荒れやニキビ等の原因にもなりますし、あまりに長期化するようでしたら大腸ポリープ等の「腸」に関係する病気を引き起こしてしまう可能性が上がってしまいますので、出来るだけ早い対応が必要になります。

コロコロ便秘が続くと何が怖いのか

便自体に含まれている水分が減少してしまう事によって起こる便秘なので、当然体内に長期間「便」が放置されてしまっている状態になります。

 

便は常に体温で保温された状態ですので、常時ガスが発生してしまいます。 ガスには、人体にとって非常に有毒な「メタンガス」「硫化水素」「アンモニア」「メタン」「アセトン」等のような物質が400種類以上も含まれています。

 

これらの物質はコロコロ便秘から絶えず発生され、腸壁等から吸収されて血液中に溶け出し、体内を耐えず巡回した状態が続いてしまうと言う訳ですね。 なので、精神的な異変、肌トラブル、病気が発症してしまう確率が上昇してしまうと言う訳です。   また、便秘が原因で起こる病気も多く「大腸ポリープ」や「大腸がん」「痔」など、非常に多岐に渡りますので、出来るだけ早く自分に合った解消法を見つける事が大切です。

 

解消する為には何が有効?

「コロコロ便秘で悩んでいるけれど、水分摂取もしっかりしている 方だと思う」と言う方は意外の多いのでは無いでいょうか? 考えられる原因として多いのが、「頻繁に下剤や漢方薬を飲んでいる」「偏った食生活を送ってしまっている」「腸内環境が悪化してしまっている」等の間違ったコロコロ便秘解消法等を行ってしまっている事が考えられます。

今回はコロコロ便秘の解消法として一番多い下剤や漢方について触れて行きます。

 

間違った解消法 下剤・漢方

コロコロ便秘がほぼ習慣的になってしまっている人に多いのが、定期的に下剤や漢方を飲んでしまう事です。

下剤には「腸を刺激してコロコロ便秘を解消する薬」と、「腸に身体の水分を集めてコロコロ便秘を柔らかくして解消する薬」が有ります。

 

前者は腸を刺激する働きが有る分、定期的に飲んでしまうと腸が刺激に慣れ、自然な形で排便する事自体が難しくなります。

後者は酸化マグネシウム等の働きによって身体中の水分を腸に集め、柔らかくするので前者よりはトラブルが少ないですね。

 

ただ、両者とも「薬」である事にはかわりませんので、一時的に解消するだけでコロコロ便秘の原因を改善する事は出来ません。

 

また、漢方は薬と比べると安全で健康的だと言う認識を持たれている人が多いのですが、漢方便秘薬に含まれている成分は、病院で処方される薬の成分と大差は無いと言う事も多々有りますので注意が必要です。

 

コロコロ便秘に処方される漢方便秘薬については、「漢方なら安全?コロコロ便秘に処方される主な漢方」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 
>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ