[PR]川越氷川祭 大腸がんと「コロコロ便秘」は密接に関係している? | コロコロ便秘解消道場

大腸がんと「コロコロ便秘」は密接に関係している?

コロコロした便秘は比較的長期間続いてしまう事が多く、大腸がんだけでは無く様々な病気やトラブルを引き起こしてしまいがちです。

 

直接的な因果関係は無さそうに感じてしまうかも知れませんが、コロコロ便秘は「結腸内」で長時間滞在してしまう事、最近の大腸がんは「結腸がん」が主流である事、大腸がんを発症してしまう方は便秘等の腸のトラブルで悩まされていたと言う結果が出ている事は軽視出来ませんね。

 

コロコロ便秘はどのような人に起こりやすい?

● 1日辺りの水分摂取が少ない方

● 野菜等の繊維質よりも揚げ物や肉料理が多くなりがちな方、コンビニやスーパーのお惣菜、お惣菜が多くなりがちな方

● お酒やタバコがどうしても多くなりがちな方

● 刺激物が多い方

● 腸内の善玉菌の量が現象してしまっている方

● 下剤や整腸剤が手放せなくなってしまっている方

 

コロコロ便秘は水分摂取が少ない事が原因としては一番多いと考えられがちですが、何らかの原因で腸内環境が悪化している場合が多いです。。

大腸がんとコロコロ便秘にはどのような関係が?

便秘と大腸がんや大腸ポリープには、一体どのような関係が有るのかが分からないと言う方が大半だと思います。

 

● 最近の大腸がんの傾向の変化について 

大腸がんは年々増加傾向に有り毎年約10万人以上の方が発症していると言われています。

男女比率で言うと「男性:女性=6:4」と言われています。

 

これは、大腸がんの直接的な原因が「便秘・食事・タバコ・お酒」である事も関係しているとも言われています。

最近は健康志向が高い男性の方も増えては来ていますが、やはり女性の方が健康志向が高い方が多いのが大腸がん発症の男女比率にも関係して来ていると思います。

 

コロコロ便秘と大腸がんの関係

大腸がんは生活週間が大きく関係していると言われている事は、日本人を取り巻く食事環境に合わせるように「結腸がん」の発症率の増加からみても分かりますね。

 

大腸がんと言っても大きく分けて「直腸がん」と「結腸がん」の2種類に分ける事が出来ます。

元々私達日本人の大腸がんは動物性脂肪の摂り過ぎが原因とされている「直腸がん」が主流でしたが、近年は欧米化した食事が大きく関係しているとされている「結腸がん」が主流です。

 

結腸とコロコロ便秘

コロコロした形状の便は水分含率が少ない状態で「S字結腸」と呼ばれる部分に溜まります。

原因としては「水分不足・腸内環境の悪化・善玉菌の不足・食物繊維の不足・ストレス・食生活・ホルモンバランス」等が考えられます。

 

腸内に便が長期間滞在してしまうと言う事は、腐敗したガスや悪玉菌等が異常繁殖してしまい、腸内に有毒物質が滞留してしまう状態が続きます。

 
>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ