[PR]川越氷川祭 原因不明のアレルギーは免疫機能のせい? | コロコロ便秘解消道場

原因不明のアレルギーは免疫機能のせい?

原因不明のアレルギー性鼻炎に罹った場合は、まず自分の免疫機能が正しい状態であるかどうかを把握しなければなりません。

アレルギー発症の根本的な原因は、免疫バランスの崩壊だと言われていまして、リンパ球と顆粒球のバランスの崩れとそれを制御できているかが肝心になります。

そういった事が起こらないようにするために、善玉菌を増やして腸内環境を良くする必要があり、それと深い関係があるヘルパーT細胞が重要になってきます。

 

原因不明のアレルギー性鼻炎ですが、基本的に免疫力は白血球であるリンパ球と顆粒球のバランスがとても大事になってきます。

副交感神経が優位になるとリンパ球が増えてアレルギーが起こりやすくなり、交感神経が優位になると顆粒球が増えると組織を攻撃しやすくなります。

 

また免疫機能を正しく機能させるためには、コントロールする事も大事で、免疫物質のサイトカインは情報伝達と制御する仕組みを持っていますので、正しくなければなりません。

これらが少しでもバランスが崩れると、病気に罹ったり、生活習慣病に罹りやすくなったり、自身の細胞を攻撃するため炎症になったり、過剰防衛であるアレルギーを引き起こしたりするのです。

 

原因不明のアレルギーの原因は、敵を認識するヘルパーT細胞とサプレッサーT細胞という他の細胞に攻撃を止めるように指示する細胞とIgE抗体を作るB細胞になります。

これらの細胞が正しく動かないために、アレルギー性鼻炎等が発症する訳ですが、ヘルパーT細胞が最大の原因だと言われています。

ようするに、これを正しくしてあげれば、原因不明のアレルギーを解消できるかもしれません。

 

腸には、体全体の70%もの免疫細胞がいると言われています。

ですから、腸内環境が悪くなり、免疫細胞の活動が弱くなると、正常に行動を起こせなくなりますので、アレルギーを引き起こす可能性が高まります。

そうならないために必要なのが、腸内環境を良くしてくれる善玉菌であり、健康のためにも必要なものと言えるでしょう。

 

悪玉菌が優位な状態ですと、有毒なガスを発生させ、抵抗力を弱めてしまいますから、腸管運動を弱めてしまいます。

それを解消して、免疫力を高めるためにも、善玉菌の摂取は大事になってくるでしょう。

そのための善玉菌摂取ですが、フジッコの「善玉菌のチカラ」は、手軽にたくさんの善玉菌を摂取できるので、とても便利だと思いますよ。

 
>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ