[PR]川越氷川祭 アレルギー性鼻炎の体質改善による症状緩和対策 | コロコロ便秘解消道場

アレルギー性鼻炎の体質改善による症状緩和対策

大気汚染物質が飛散しやすい日は、天気予報で注意喚起され、不要な外出は控えましょうと報道される時代になってしまいました、アレルギー性鼻炎の方には、より一層のストレスになっていると思います。

老若男女を問わず、何のアレルギーもなく、一生を送られる方が少なくなっています。

 

鼻が詰まってよく眠れない。腫れぼったく、気持ち悪くて、こすってしまうと、鼻血が止まらなくなる、息苦しくてイライラして、でも眠くて。

昼間座っていると居眠りして先生に叱られる。

集中できないのは、アレルギー症状を抑える薬のせいなのに。

 

・・・登校拒否になってしまうケースもあるんです。深刻ですね。

代われるものなら、変わってあげたいけれど、それも出来ず。

ご家族の方も、不眠症ではないですか。
鼻の症状だけでなく、十人十色のアレルギーがあります。

症状は、薬で抑えることができても、きつくなる季節があって、せっかくのイベントがあっても、楽しさが半減してしまいますよね。

 

家族に同じ症状のアレルギーを持っている人がいると、少しわかりあえて、気が救われるのですが、一人だけしかいないと、分かってもらえないだろうと思い、症状を余計にひどくしてしまうこともあります。

お腹の調子はどうでしょうか、下痢や便秘は大丈夫でしょうか。

 

涙等で流されたアレルゲンが、唾液と一緒に飲み込まれ、胃腸の粘膜を刺激することによって、お腹の調子が悪くなることがあります。

思い当たることもないのに下痢や、便秘になっていたら、それは腸内細菌の悪玉菌が、アレルゲンのせいで増え過ぎると、胃腸に悪影響を与えるからです。

 

いつも善玉菌が多いと、身体の免疫力まで上がります。

腸の中の善玉菌を増やすことで、下痢も便秘も治まります。

善玉菌を増やしていくとバランスを失っている、自律神経にも良い循環が生まれ、体の調子が整えられていきます。

 

善玉菌が増えることで腸の中から、抵抗力を高めることができます。

自己免疫力を上げることで、症状を抑えるように体質を改善するには、善玉菌を利用するのが、一番自然でもあります。

 

食生活が変わって乳酸菌が取りにくくなり、免疫力の低下による症状が増えています。

これ以上薬品を使わずに、人間が本来持っている抵抗力を上げたい。

でも、善玉菌は短命な細菌で増殖させるには、オリゴ糖が使いやすいでしょう。

 

悪玉菌は、ほっておいても増えますが、善玉菌はそうはいきません。

体質改善のためですから、毎日、少しづつ、摂りつづけることを習慣づけるといいと思います。

 

液体タイプのものは、成分表示に書かれているように、甘味料がほとんどなので虫歯や、肥満につながる可能性があります。

オリゴ糖は甘みのないもので、糖尿病で、糖質制限中でも使えるものです。

体のためには、より純度の高いものがよいでしょう。

 

腸は、大事な栄養分を全身に届ける臓器です。

免疫力だけでなく、そんなことまで、関わっていたのかと感心するほどです。

どうぞ、下痢や便秘を軽く見ないで、ご家族で腸内環境を整えて、健康な毎日をお送り下さい。

 
>>善玉菌のチカラの詳細はこちらです<<
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ